PAGETOP

topics

新着情報

2020.02.28

新型コロナウイルス感染拡大予防の対応に伴うチーム練習等の自粛について


今般の、新型コロナウイルス感染拡大予防の一連の対応として、日本少年野球連盟から「選手の健康、安全を第一に考え、選手、指導者、保護者が長時間集まることによる感染リスクに備える観点から、チームとしてのすべての活動を2月29日から3月13日まで自粛すること」との要請がありました。


これに従い、当東大阪長田ボーイズとしても2月29日から3月13日までの間、大会出場、練習試合、練習等の全ての活動をお休みいたします。

したがって、3月8日(日)に予定しておりました新入団生体験会についても延期させていただきます。

延期後の日程等につきましては、決まり次第改めて連絡いたします。

何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2019.12.06

第3期生募集開始!体験会のご案内

2019.05.06

大和川大会1回戦に出場しました

写真20190506

攻撃では相手ピッチャーの巧みな投球に翻弄されつつも、3回表、ウルハの痛烈な当たりが相手のエラーを誘うとカズキの巧みな犠打で3塁まで進めたところで、怪我から復調の兆しを見せるチーム屈指の強打者イマルが打席へ。
バッターボックスでの威圧感で相手投手のワイルドピッチを誘いサードランナー生還。後続が断たれると、裏の回ですぐさま1点を返される。
その後は、両チームともに好投・好守が続き、ゲームは最終回へ。

写真20190506

表の攻撃で、ハルが四球で出塁すると、次打者のサードフライを挟んで、ウルハのセカンドへの強烈な当たりがエラーを誘い、1・2塁。そこへ待ってました代打の神様ショウタが左中間をぶち破り1点追加。
さらには、ここ一番で頼りになる男イマルがバッターボックスへ。
2球目を強振すると、推定100mもの大飛球は残念ながら左方向に切れファウル判定。
固唾を飲んで見守るベンチ、応援席の中、痛烈な当たりはショートストップも前に落とすのがやっとというところで、満塁とした。

写真20190506

さすがの強豪チームもしびれを切らし、ここで投手交代。
ネクストサークルから打席に緊張の面持ちのイオラ。
代わった投手に2球で追い込まれると、低めの難しい球に手が出てしまい、レフト方向へ抜けるかという当たりも遊撃手の好守に阻まれあえなくゲームセット。
2ー6で悔しい敗退となりました。
相手チームの打力が一枚上手で、機動力も非凡。こちらは、併殺プレーもあり攻守はあったものの、攻撃面でチャンスにあと1本が出ずという結果でした。

試合後は、悔しさからか、予定していなかった練習にも熱が入り、気がつけば日が沈んでいました。
長い長いゴールデンウィークも練習三昧で幕を閉じました。

2019.05.05

こどもの日イベントを開催しました

2019.04.28

中村紀洋杯に出場しました

2019.04.13

第二期生の入団式を実施しました

2019.02.17

春季大会1回戦の試合結果

2019.01.19

現役プロ野球選手の指導をいただきました!

2018.12.23

忘年会を開催しました

2018.12.22

第二期生募集開始!体験会のご案内

2018.12.09

ボーイズ一斉掃除DAY実施